セクシーなイラスト、シュールなイラスト、トライバルイラストのSenichi Artworks

イラスト描いたり、デザインしたり、なんか遊んだり。

risa_spring_banner risa_summerstamp_banner risa_autumnstamp_banner risa_winter_banner  

シュールな女性のイラスト・セクシーな女性のイラストを制作致します☆ トライバルデザイン・模様デザイン制作  

Andoroid端末のお絵かきアプリ レビュー <Cintiq Hybridの初期搭載の3つのアプリ>  

Wacomのバンドルアプリ

Cintiq Companion Hybridを買うと、Androidのアプリとして標準でインストールされている3つのアプリがあります。
「Creative Canvas」
「Infinite Canvas」
「Manga Canvas」
の3つです。
それぞれのアプリについて簡単に使ってみましたので、ちょこっとだけ書いていこうと思います。

アプリ検証日:2015.01.25(日)




「Creative Canvas」について
Creative Canvasは「psd」形式でフィルが作られるので、Photoshopとの互換性があります。
最初に作成しい画像サイズ(ピクセル)を入力してファイルを新規作成します。

ペン先の種類もいくらか用意されていて、ブラシサイズや透明度が変更可能です。
筆圧感知もあります。
色も自由に作れます。
ブラシのインクの滲み方がちょっと独特な感じを受けましたが気のせいでしょうか。

レイヤーもいくつか作ることが出来ます。
最初から存在しているレイヤーは「B」と「L1」です。
Bレイヤーは背景レイヤーなのでしょうか?レイヤーそのもに描画することも、ましてや選択することすらできません。
とりあえず何故か存在しています。
続いてL1レイヤーですが、このレイヤーから描画が可能です。ただ、透明レイヤーではないようです。常に白い背景レイヤーのようです。このレイヤーで線画を作成をしてしまうと、後で大変な目にあいます。切り取り操作をしても背景は白いままです。
L2レイヤー以降は透明レイヤーが作成されますが、Photoshopみたいに透明レイヤーだと分かるようなグレーの市松模様の表示になるわけでもなく、見た目は白いレイヤーです。最初は透明レイヤーが作られたかどうか分からないです。

また、レイヤー操作が出来るウィンドウではブレンド(6種:乗算やハイライトなど)ができ、透明度の設定やレイヤー表示の切り替え、ロック機能などが付いております。
そしてレイヤーの入れ替えも行えます。しかしこのレイヤーの入れ替え操作がとても鈍いです。
挙動不審です。ペコン、ペコン、ってワンテンポ、ツーテンポ遅れる感じです。
で、挙句の果てにバグが発生します。
Creative Canvasのバグ
最初はまわりがちゃんと「ぼかし」処理されていた線なのですが、レイヤーの入れ替えを行っていたらいつの間にか線はベタになり、周りには黒いフチが出来ました。
さらにレイヤーの入れ替え操作をしてみると、入れ替えはされず、この変な線が少し横にずれたところにコピーされるようになりました。
もう、怖くてレイヤーの入れ替え操作が出来ませんね。

それと、アンドゥできる回数が、どういう条件かはわかりませんが変化します。
3回しかアンドゥできない時もあれば、10回とかアンドゥ出来たりします。

画像の保存とロードに関しては特に気にならないレベルでした。




「Infinite Canvas」について
上のアプリの記事を読んだ方。もうお分かりでしょう。
あまり酷評をしたくはないのですが、このアプリもなかなか泣かせてくれました。

このソフトはブラシでの描画の他に、パスツールを使っての描画もできます。

まずはファイルを新規作成してみることにします。
「イメージの境界を決定」にオンとオフがあるのですが、オンにするとピクセルサイズを指定してのファイルが作成されます。オフにすると、幅と高さに「無限」と入ります。無限!!!

ブラシの種類は5種類と限定されています。サイズや不透明度は変更出来て、色も自由に変えられます。
筆圧感知もあるので、ペン先は綺麗です。
ブラシで描くことに関しては問題なさそうです。
ペンキ缶ツールで塗りつぶしもできます。

パスツールで描画をしてみました。
線は描くことが出来ます。
図形を選択するとバウンディングボックスが表示されアンカーが出ます。
移動とか拡大縮小とか回転とか出来るのかな?と思って動かしてみましたが、動くのはボックスの表示枠のみで、中の図形がついてきません。
では、パスの移動や変形は出来るのか?と思いツールを選んでアンカーを動かしてみると…。
「応答していません。このアプリを終了しますか?」のエラーメッセージ。
…とんでもねーな!!

消しゴムのサイズ変更は出来ない感じです。
キャンバスサイズの変更も途中でできないみたいです(これは割とどのアプリでも普通)。

タッチ操作で画像を拡大したり縮小したり移動出来たりするのですが、反応がシビアです。
突然180度くらい変わることがあります。
また、特にキャンバスサイズが大きい時は、処理にとても時間がかかるので、カクカクします。

ファイルを閉じてギャラリー画面に戻ろうとすると、現在編集中だったファイルが強制的に保存されます。
「ちょっと間違えたから保存せずに閉じて、さっきの続きからやりたいな…」と思ってもできません。

ファイルの保存、ロードが長めです。そんなに大きなサイズじゃなくてもちょっとかかります。
ファイルサイズが大きいと、待つことも億劫です。

ファイルの互換性には強いみたいです。
共有のマークがなんか違う
「共有」をタップします。
(しかしこの共有のマーク。今時メールのマークって…。時代遅れな感じ。)
そして選べるファイル形式は次の通り。
Infinite Canvasで選べるファイル形式


そして最後に、このInfinite Canvasにおいて私が一番問題だと感じたこと。
「保存したファイルが開けない」です。
語弊を招く恐れがありますので、ちょっと付け加えます。
全てのファイルではありません。ごく稀に発生するみたいです。発生確率なども検証していませんので、起きない人は起きないかもしれませんが、私は割と早目にやってきました。
外部からちょっとした写真をインポートして、手書き文字を入れてみたりとかして遊んでいたファイルがあったのですが、何度か編集して閉じたのち、開こうとしたら一向に開かなくなりました。
毎回これです。
Infinite Canvas強制終了のお知らせ
このファイルは二度と開けることがないでしょう。



「Manga Canvas」 について

このアプリはクリップスタジオと連携出来て、漫画のネームなどのラフ原稿を作れるアプリとされています。
が、私はマンガを作成しないので、このアプリを評価するには力不足だと思いました。
が、操作感としては上記2点のアプリとあまり違わないような気もします。
尚、機能自体はシンプルな感じに見受けられました。
もしかすると、この3つのアプリの中では、この子が一番良い出来なのかもしれません。




が、ここで私は力尽きました。









という訳で、Wacom製品に入っているアプリなのだから、さぞかし良いものだろう!!と、非常に期待していたのですが、見事に期待を裏切られてしまいました。

きっと今後このアプリを使うことは、自分は無いかなと思います。
アップデートで改善されたりすれば場合によっては使うかもしれませんが、現段階においては「ない」です。

デスマーチによって開発されたアプリなのか…。商品の体裁を整える為だけに開発されたアプリなのか…。

購買前にこのアプリを使ってタブレットでらくがきを楽しもうと思っていた私としてはとても残念な結末になってしまったので、これ以外のお絵かきアプリを探す旅に出立したのでした。





スポンサーサイト

category: ハウツー・レビューなど

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://senichiartworks.blog.fc2.com/tb.php/224-a72e5cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Tシャツサイトリンク

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ヴィジュアルヌード・ポーズ

ハイパーアングルポーズ集

プロフェッショナル・ヌードフォト