セクシーなイラスト、シュールなイラスト、トライバルイラストのSenichi Artworks

イラスト描いたり、デザインしたり、なんか遊んだり。

risa_spring_banner risa_summerstamp_banner risa_autumnstamp_banner risa_winter_banner  

シュールな女性のイラスト・セクシーな女性のイラストを制作致します☆ トライバルデザイン・模様デザイン制作  

LINEスタンプ お気楽忍者の跳影-Vol.1- をリリースしました★  

LINEスタンプ お気楽忍者の跳影-Vol1

スタンプを申請してから約5ヶ月。
やっと承認されました。半ば諦めていました(笑

それだけ申請待ちのスタンプが多いということなのでしょうね。
既に市場は飽和状態。
作っても埋もれてしまう末路を辿っています。

LINEスタンプはLINEのスタンプショップで見つけてもらうのではなく、ホームページや何かしらの活動で知ったその作者、会社のファン層が、そのスタンプを直接購入するという方法がメインなのかなって感じがします。


LINEスタンプがどのようなものなのか、実際自分で作ってやってみないと分からないと思って作ったのが
この「お気楽忍者の跳影-Vol.1-」です。
Vol.1とありますが、Vol.2が出るのか不明です(笑

それにしても40パターンを作るのはなかなか時間がかかって大変なものでした。
普段ほとんど描かないポップな感じのキャラクターですし。
でもせっかく作るのなら可愛いと思えるものにしたかったので、出来る限りのことはしたつもりです。
まだまだ未熟なのですけれどね。

とりあえず自分で早速購入して使ってみています。
…意外と…楽しい…^^
自分で作ったからだというのも大きな要因でしょうけれど、自作スタンプをペタペタやれるのは精神的な満足度を得られました。
そう、自己満足というやつです。


もしも「楽しめそう!」と感じて頂けたらこちらからどうぞ♪
http://line.me/S/sticker/1058200



やる気が出たらまた他にも作ってみようかな?
と思いました。





スポンサーサイト

category: 作ったもの

tag: LINEスタンプ 
tb: 0   cm: 0

おいガキんちょ!そこ代われや!  

不二子とコナン

昨日の夜は「ルパンVSコナン THE MOVIE」を金曜ロードショーでやっていたので見ました。

不二子ちゃんがセクシーっすね。

昨日の映画にはこんなシーンはなかったのですが、コナンくんの頭の上に乗っけてみたりして。


category: イラスト

tb: 0   cm: 0

メインモニタで表示しているウィンドウをCintiqに移動するとウィンドウが拡大してしまう現象について  

さて、せっかく液タブを買ったのですから液タブで作業したいですよね。

起動させたソフトの画面や作業画面を液タブに移動させますよね。

メインモニタではいつものように表示されている作業ウィンドウですが、Cintiq(液タブ)に移動させていくと途中で”ぼよーん”ってウィンドウが拡大してしまいます。

「おっきくなっちゃった!!」

…ならんでいいわ。

おっきくなると作業スペースが狭くなって余計に使いづらいです。
これもなんとかしなければいけないです。

検索すると割とすぐに答えは見つかりました。
「高DPIなんちゃらかんちゃら…」が原因のようです。

<解決方法>
使いたいソフトウェアのショートカットや.exeのアイコン上で右クリックしてプロパティを開く。

「互換性」タブの中にある「高DPI設定では画面のスケーリングを無効化する」にチェックを入れる。
高DPI設定無効化

「適用」を押して閉じる。

これで完了です。
これをすると液タブに作業ウィンドウを移動させても画面が大きくなるなんていうことは起きません。

私はillustrator・Photoshop・クリスタ・Google chromeにチェック入れておきました。
IEにもチェック入れようかと思ったのですが、互換性タブが無かったです。

因みに高DPIとは。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd940516(v=vs.85).aspx

…高ドットパーインチ。高解像度。

…まんまやん。

それじゃないw


多分、この高DPIでの画面のスケーリングなんちゃらっていうのは、
「このソフトを高解像度の画面でそのまま表示させると文字が小さくて見にくくなったりしますので、自動的画面サイズを調整して表示させますね」
っていう機能なのでしょうね。
だから「無効化」させてあげないと、”ぼよーん”っておっきくなっちゃうと。

納得。




category: ハウツー・レビューなど

tb: 0   cm: 0

ベレー帽をかぶったセクシーな女の子(ラフ)  

セクシーな女の子

このイラストも勢いに任せて描いたものです。

正味20分ほど。

それにしてはなんだか色気があるような気がします。

むしろ早く描いたからこそ出てくる色気なのかもしれません。

もうちょっとそのあたりも追及してみたいと思っています。



セクシーな女の子 Tシャツ




category: イラスト

tb: 0   cm: 0

WacomのIntuosとCintiqのドライバの競合?  

Cintiq Companion Hybridを購入してから1週間が経ちました。
この1週間はほぼタブレット端末として単独使用していましたが、そろそろパソコンに繋げて液タブとしての操作にも慣れていこうかなと思い、昨夜パソコンに接続しました。
パソコンに接続するのはこれが3度目となりますw
一回目:初回接続、ドライバインストール時。
二回目:タブレット内のデータの吸出し。
三回目:昨晩。

この一週間、どれだけタブレット端末として楽しんでいたかが、この接続回数の少なさからもお分かりいただけたことでしょう。


さて、普段のパソコンでの作業ではintuos5を使っていた私。
液タブのドライバインストール時も、特に気にせずそこに乗っかる形で入れました。

ウェブサイト巡回中にとあるブログでお見受けした一文が頭に残っていました。
「液タブと板タブのドライバが競合してうまく使えないから、インストールし直した~」とかなんとか。
その方は結局液タブのみを使用することにしたみたいなのですが、私としては併用したいところです。
(同時に接続して使えなくてもいいので、片方ずつ使えたらいいです。併用という言葉に語弊が…?)
ドライバインストール後、液タブもペンタブも競合することなく”その時は”問題なく使えていたので、「大丈夫だ、問題ない」状態でした。
(もしかするとintuos5のケーブルは抜いていたかも。なので必然的に競合は起きなかった?)

そして購入から一週間後の昨夜ですよ。
液タブを接続した状態でイラレを立ち上げて操作しようとしたところ、液タブの上をペンで操作すると、メインモニタでカーソルが反応してしまい、液タブ上では何も動いてくれていない。
もちろんディスプレイの設定では「複数のディスプレイ:表示画面を拡張する」になっています。
この感じ、液タブなのにペンタブと同じになってしまっているわけです。

ここで端末の接続状況を確認します。
intuos5:接続中
Cintiq:接続中

intuos5でペンを動かすとマッピングがズレておかしくっている?あれ??
Cintiqはマッピングの位置は合っていますが、板タブ状態です。

ではintuos5のケーブルを抜いてみましょう。
intuos5:切断中
Cintiq:接続中

Cintiqはペンタブ状態として接続継続中。
ではCintiqを切断してintuos5を再接続してみます。

intuos5:接続中
Cintiq:切断中

intuos5のマッピングがバカになりました。
タブレットの中央あたりにペンを持ってくると、メインモニタの最下部にカーソルが到達しています。

私的結論:CintiqとIntuosの併用をするとマッピングがズレるのでしないほうが良い。
※ただしお使いの条件下で可能ならばこの限りではない。
というところでしょうか。

ちょっと一息。
パソコンを再起動します。

電源を落としてintuos5を接続して立ち上げます。
intuos5:接続中
Cintiq:切断中
intuos5のマッピングは正常通りです。

それではもう一度電源を落として、次はCintiqを接続して立ち上げます。
intuos5:切断中
Cintiq:接続中
…。ペンタブ状態ですね。。。
これでは使えません。

結局ドライバを再インストールすることにしました。
Cintiqのドライバを再インストールして設定後、intuos5をつなげたら、そのまま上手く認識してくれて、どちらも正常通り動いている感じでした。
これで併用できる!!!
やっと解決した!!!
満足げに就寝することが出来ました。



そして今日。
intuosで作業後、Cintiqを使おうとして接続したら…。残念、ペンタブ状態。

もうintuosの接続はあきらめて液タブ一本で行くべきなのか…。
それとも液タブはもうAndroid端末としてのみ使ってintuos主流で行くのか…。

いや、なんとかしたい。何のために買ったのか!!(コタツで作業するためです)

しばらくあっちこっち設定を見渡していて気が付きました。

タブレットのプロパティ:位置調整
これ。
デバイスをCintiqにしている状態で出てくる「位置調整」のタブ。
この中のモニタの設定がプルダウンメニューになっているのですが、液タブがペンタブ状態になっているときはメインモニタの名称が入っていました!
ここの選択をCintiqに変えてあげると、ちゃんと液タブとして機能するようになりました!!
どうやらこれが犯人だったようです。

何故メインモニタの名称になってしまうのか。
どういうタイミングで切り替わってしまうかはまだよくわかりません。

しかしここを変えれば良いということが分かっただけでも大きな収穫でした。
ほぼ問題解決です。

ここでさらにもう1つ試してみましょう。
この状態でintuosを再接続します。

Cintiqは正常に動作していますがintuosのマッピングはやはり大きくズレています。
2台同時接続は難しいようです。
机の上の置き場所にも困るので、どの道片方ずつでしか使用しないのでいいのですけれどね。




ふぅ~、お疲れ様、私。








category: ハウツー・レビューなど

tag: Wacom  intuos  Cintiq  ドライバ  競合  併用 
tb: 0   cm: 0

うねうねしたようなもの。  

うねうねしたもの

なんだかうねうねしたもの。

気持ち悪い感じ。

一見イソギンチャクのようにも見えるけれど、そうでないのかもしれない。

イメージを勢いだけで描いたラフスケッチ。

その勢いを大切にしたい。

勢い任せのタッチの絵が結構好きです。



うねうねしたもの Tシャツ





category: イラスト

tb: 0   cm: 0

らくがき  

どちらもAndroidアプリのBamboo Paperにて。

らくがき 10
ふとももがやばい。


らくがき 15
どことなくミリタリー色のある感じで。




category: イラスト

tb: 0   cm: 0

Andoroid端末のお絵かきアプリ レビュー <Cintiq Hybridの初期搭載の3つのアプリ>  

Wacomのバンドルアプリ

Cintiq Companion Hybridを買うと、Androidのアプリとして標準でインストールされている3つのアプリがあります。
「Creative Canvas」
「Infinite Canvas」
「Manga Canvas」
の3つです。
それぞれのアプリについて簡単に使ってみましたので、ちょこっとだけ書いていこうと思います。

アプリ検証日:2015.01.25(日)




「Creative Canvas」について
Creative Canvasは「psd」形式でフィルが作られるので、Photoshopとの互換性があります。
最初に作成しい画像サイズ(ピクセル)を入力してファイルを新規作成します。

ペン先の種類もいくらか用意されていて、ブラシサイズや透明度が変更可能です。
筆圧感知もあります。
色も自由に作れます。
ブラシのインクの滲み方がちょっと独特な感じを受けましたが気のせいでしょうか。

レイヤーもいくつか作ることが出来ます。
最初から存在しているレイヤーは「B」と「L1」です。
Bレイヤーは背景レイヤーなのでしょうか?レイヤーそのもに描画することも、ましてや選択することすらできません。
とりあえず何故か存在しています。
続いてL1レイヤーですが、このレイヤーから描画が可能です。ただ、透明レイヤーではないようです。常に白い背景レイヤーのようです。このレイヤーで線画を作成をしてしまうと、後で大変な目にあいます。切り取り操作をしても背景は白いままです。
L2レイヤー以降は透明レイヤーが作成されますが、Photoshopみたいに透明レイヤーだと分かるようなグレーの市松模様の表示になるわけでもなく、見た目は白いレイヤーです。最初は透明レイヤーが作られたかどうか分からないです。

また、レイヤー操作が出来るウィンドウではブレンド(6種:乗算やハイライトなど)ができ、透明度の設定やレイヤー表示の切り替え、ロック機能などが付いております。
そしてレイヤーの入れ替えも行えます。しかしこのレイヤーの入れ替え操作がとても鈍いです。
挙動不審です。ペコン、ペコン、ってワンテンポ、ツーテンポ遅れる感じです。
で、挙句の果てにバグが発生します。
Creative Canvasのバグ
最初はまわりがちゃんと「ぼかし」処理されていた線なのですが、レイヤーの入れ替えを行っていたらいつの間にか線はベタになり、周りには黒いフチが出来ました。
さらにレイヤーの入れ替え操作をしてみると、入れ替えはされず、この変な線が少し横にずれたところにコピーされるようになりました。
もう、怖くてレイヤーの入れ替え操作が出来ませんね。

それと、アンドゥできる回数が、どういう条件かはわかりませんが変化します。
3回しかアンドゥできない時もあれば、10回とかアンドゥ出来たりします。

画像の保存とロードに関しては特に気にならないレベルでした。




「Infinite Canvas」について
上のアプリの記事を読んだ方。もうお分かりでしょう。
あまり酷評をしたくはないのですが、このアプリもなかなか泣かせてくれました。

このソフトはブラシでの描画の他に、パスツールを使っての描画もできます。

まずはファイルを新規作成してみることにします。
「イメージの境界を決定」にオンとオフがあるのですが、オンにするとピクセルサイズを指定してのファイルが作成されます。オフにすると、幅と高さに「無限」と入ります。無限!!!

ブラシの種類は5種類と限定されています。サイズや不透明度は変更出来て、色も自由に変えられます。
筆圧感知もあるので、ペン先は綺麗です。
ブラシで描くことに関しては問題なさそうです。
ペンキ缶ツールで塗りつぶしもできます。

パスツールで描画をしてみました。
線は描くことが出来ます。
図形を選択するとバウンディングボックスが表示されアンカーが出ます。
移動とか拡大縮小とか回転とか出来るのかな?と思って動かしてみましたが、動くのはボックスの表示枠のみで、中の図形がついてきません。
では、パスの移動や変形は出来るのか?と思いツールを選んでアンカーを動かしてみると…。
「応答していません。このアプリを終了しますか?」のエラーメッセージ。
…とんでもねーな!!

消しゴムのサイズ変更は出来ない感じです。
キャンバスサイズの変更も途中でできないみたいです(これは割とどのアプリでも普通)。

タッチ操作で画像を拡大したり縮小したり移動出来たりするのですが、反応がシビアです。
突然180度くらい変わることがあります。
また、特にキャンバスサイズが大きい時は、処理にとても時間がかかるので、カクカクします。

ファイルを閉じてギャラリー画面に戻ろうとすると、現在編集中だったファイルが強制的に保存されます。
「ちょっと間違えたから保存せずに閉じて、さっきの続きからやりたいな…」と思ってもできません。

ファイルの保存、ロードが長めです。そんなに大きなサイズじゃなくてもちょっとかかります。
ファイルサイズが大きいと、待つことも億劫です。

ファイルの互換性には強いみたいです。
共有のマークがなんか違う
「共有」をタップします。
(しかしこの共有のマーク。今時メールのマークって…。時代遅れな感じ。)
そして選べるファイル形式は次の通り。
Infinite Canvasで選べるファイル形式


そして最後に、このInfinite Canvasにおいて私が一番問題だと感じたこと。
「保存したファイルが開けない」です。
語弊を招く恐れがありますので、ちょっと付け加えます。
全てのファイルではありません。ごく稀に発生するみたいです。発生確率なども検証していませんので、起きない人は起きないかもしれませんが、私は割と早目にやってきました。
外部からちょっとした写真をインポートして、手書き文字を入れてみたりとかして遊んでいたファイルがあったのですが、何度か編集して閉じたのち、開こうとしたら一向に開かなくなりました。
毎回これです。
Infinite Canvas強制終了のお知らせ
このファイルは二度と開けることがないでしょう。



「Manga Canvas」 について

このアプリはクリップスタジオと連携出来て、漫画のネームなどのラフ原稿を作れるアプリとされています。
が、私はマンガを作成しないので、このアプリを評価するには力不足だと思いました。
が、操作感としては上記2点のアプリとあまり違わないような気もします。
尚、機能自体はシンプルな感じに見受けられました。
もしかすると、この3つのアプリの中では、この子が一番良い出来なのかもしれません。




が、ここで私は力尽きました。









という訳で、Wacom製品に入っているアプリなのだから、さぞかし良いものだろう!!と、非常に期待していたのですが、見事に期待を裏切られてしまいました。

きっと今後このアプリを使うことは、自分は無いかなと思います。
アップデートで改善されたりすれば場合によっては使うかもしれませんが、現段階においては「ない」です。

デスマーチによって開発されたアプリなのか…。商品の体裁を整える為だけに開発されたアプリなのか…。

購買前にこのアプリを使ってタブレットでらくがきを楽しもうと思っていた私としてはとても残念な結末になってしまったので、これ以外のお絵かきアプリを探す旅に出立したのでした。





category: ハウツー・レビューなど

tb: 0   cm: 0

ハードディスクかガリガリ鳴った…ヤバいヤツかもしれない。  

昨日の夜、いつものようにパソコンを使っていると、ハードディスクが「ガリガリガリ…」と音を立て始めました。
え!これヤバいヤツきちゃったの!?

ものすごい不安に襲われます。

最近、ウィンドウズからの通知で「ストレージが検出されました」とか「見つかりませんでした」とか、しっかりとメッセージ内容を覚えている訳ではありませんが、ポップアップメッセージがペコペコしてて、とにかくハードディスクが不安定なんだろうな。ということだけは認識はしていました。
そろそろバックアップを取ってデータを退避させないとなっていう。

その折の、ガリガリ音でしたので、来るべきときが来たのかなという感じもしましたが、突然使えなくなると困るので焦ります。

昨日の夜はなるべく早めにパソコンを落としました。

そして今日。
電気屋さんへ行ってハードディスクを買いました。
ハードディスクを載せ替える予定でいますので、内蔵ハードディスクを買いました。
新しいハードディスク

エディオンのポイントが1万円分貯まってて、何と交換しようかなぁとかふわふわ考えていた時期とも重なりましたので、自ずとハードディスクと交換です。
趣味嗜好品とはなりませんでした(泣

現在、外付けハードディスクのケースに新しいハードディスクを入れてデータ移行の作業中です。
多分一日潰れちゃいそうな感じです。
せっかくなので、その他もろもろのデータ保存もまとめてやってしまおうかと考えています。

昨日ガリガリ鳴っていたハードディスクも今日は大人しくしてくれているみたいなので助かります。
以前のパソコンからそのまま今のパソコンに載せ変えて使っているハードディスクだったので、2、3年は確実に経過しているので、それらしい時期に差し掛かっているといえばそうなのでしょう。


早めの対処がデータを守ります。

1つ気になるのはハードディスクのヘルスチェックでは全く問題のないということ。
データだけコピーが完了したら、乗せ換えは様子見で保留にしておいてもいいかもしれません。
2か所にデータがあれば、どちらかが壊れても平気ですし。


WD 内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0(SATA 6 Gb/s) 64MB Inteilipower 2年保証 WD20EZRXWD 内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0(SATA 6 Gb/s) 64MB Inteilipower 2年保証 WD20EZRX
()
WESTERNDIGITAL

商品詳細を見る



BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 2TB HD-LC2.0U3/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
(2014/09/10)
バッファロー

商品詳細を見る



category: 日記とか雑記とか

tb: 0   cm: 0

Andoroid端末のお絵かきアプリ レビュー <Corel Painter編>  

Painter

Android端末でお絵かきアプリは何が良いのか模索していたところ、某有名水彩系お絵かきソフトのアプリを発見。
インストールしてみました。

機種によって動作が違うといけませんので、私の使用端末を明記しておきます。
機種:Cintiq Companion Hybrid(Wacom)
検証日:2015.01.25

インストールしたのは「Corel Painter」

早速起動してみましょう!

早速エラーして起動しませんでした!!

…そうですよね。Painterはこんなものですよね。
パソコンで使っていたことも一時期ありましたが、描いてる途中でよく落ちました。
その度に凹んだものです。
以来パソコンでぺインターを使うことは辞めました。


気を取り直して再トライ。

お、今度はアプリが立ち上がってきました。

これはまともに使えそうかな??

「じゃぁブランクファイルを新規作成っと…」

…と。

はい、エラー。強制終了。

どーーーん。

アプリ爆発した。


同じ行為を5回繰り返しましたが、一度も新規作成が出来ずにアプリが強制終了してしまう始末でした。


アッという間にアンインストール決定。

さようなら。





category: ハウツー・レビューなど

tb: 0   cm: 0

Tシャツサイトリンク

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ヴィジュアルヌード・ポーズ

ハイパーアングルポーズ集

プロフェッショナル・ヌードフォト