セクシーなイラスト、シュールなイラスト、トライバルイラストのSenichi Artworks

イラスト描いたり、デザインしたり、なんか遊んだり。

risa_spring_banner risa_summerstamp_banner risa_autumnstamp_banner risa_winter_banner  

シュールな女性のイラスト・セクシーな女性のイラストを制作致します☆ トライバルデザイン・模様デザイン制作  

GWの出来事 その3  

今回の日記は完全な個人的旅行記録です。
お時間のある方向けです^^

5月3日朝~5月5日朝まで。

体力的にタフな友達のおかげで遠出をすることが出来ました。
いつもお世話になっております。ドライバーを買ってくれているので頭が上がりません。

今回の旅の経路としては次のような感じになりました。
出発→敦賀港→氣比の松原→氣比神宮→恐竜博物館→宿泊→舞鶴港→京都駅周辺経由→帰宅

思った以上の長旅になりました。

敦賀港<赤レンガ倉庫>
出発してから3時間ほど経過し、まず到着したのは敦賀港の赤レンガ倉庫。
風の強い日で、歩いていると体を持っていかれそうになりました。
敦賀赤レンガ
赤レンガって聞くともうそれだけでオシャレな感じになります。

中には飲食店とジオラマが見れるところがあります。
敦賀赤レンガ ジオラマ
ジオラマの作りはとても良い感じでした。
電車も走っていましたので家族で出掛けられると子供たちも喜びそうな場所です。

飲食店では「濃厚クリームチーズタルト」と「ふくいぷりん」を頂きました。
濃厚クリームチーズタルト
左側のが「濃厚クリームチーズタルト」。
フォークが付いてきていますが、とてもフォークで切って食べれるものではありませんでした。
生地が分厚いかなぁ。もうちょっとクリームチーズが多いと嬉しいというのが個人的感想。
でも一緒に行った友達も、同じような反応を示していました。

ふくいぷりん
こちらが「ふくいぷりん」
カラメルソースも付いてきていますが、まずはソース無しで頂いてみました。
あ、こっちはとても美味しい。口どけも滑らかでいい感じです。
ソースを掛けてさらに味の変化を楽しむことが出来ます。
何個でも行けそう!

続いて氣比の松原へ行きました。
日本三大松原の1つらしいです。
砂浜結構広いですし、水も綺麗でなかなかの美しさでした。
久しぶりの海岸でしたのでテンションが上がりました。
が、やっぱり強風により痛いことが起きました。
砂や砂利が巻き上がって飛んできて体に当たります。
風下を向いて防御するのですが後頭部に砂や砂利がぶつかって痛いです。(物理)
カメラは守りましたがさっさと車に避難しました。出来ればビーチを歩いて楽しみたかったのですが。
強風注意報が出ちゃう日でした。

氣比の松原からの流れで氣比神宮にも立ち寄りました。
日本三大鳥居(木造)の1つだそうです。
記念に御朱印帳を初めて作ってみました。
鳥居と拝殿を見させて頂きました。
時間の都合で散策はまた機会があればということで。

さて、今回の旅で私が行きたいと思ったいたのがコチラ。
恐竜博物館
恐竜博物館
敦賀から移動するのにはなかなかの移動量で、こんなに奥にあるの!?
と、若干疲れも見え始めたころに到着しました。

子供の頃って恐竜とかそういうもの好きですよね?
好きでした。
なので、ちょっと子供心をくすぐられまして行ってみたいなと思いましてね。
化石やら骨の模型やらたくさんありまして、非常に満足のいくものでした。
やっぱカッコイイわ。
ロマンを感じます。

この日の晩御飯は福井の名物「ソースカツ丼」を頂くことにしました。
私の友人、一時期福井に滞在していたこともあり、割とお店を知っています。
ソースカツ丼01
「ヨーロッパ軒」、有名らしいです。

ソースカツ丼02
普通に美味しそうだな。
一口食べてみたらやっぱり美味しい。あーこういうのもアリだね。
って感じで完食致しました。
私の地元は卵でとじるタイプのカツ丼がスタンダードな訳ですが、こういうカツ丼もたまには良いものだと思いました。

1日目の予定はこれで終わりましたので、宿泊施設に行き疲れを癒しました。

2日目。
午前中はほとんど移動で終わります。
朝ごはんはサービスエリアで食べた「名物」と書いてあった”おろしそば”
おろしそば
こちらも普通に美味しかったです。
蕎麦好きですしね。っていうか麺類好きですからね。

しかし移動ばかりで体がだいぶなまってきてしまいます。
車の長距離移動は乗っているだけでも疲れます。
ドライバーには本当に感謝しています。

お昼頃に到着したのは舞鶴港
横須賀・呉・佐世保と並ぶ海上自衛隊の港です。
実は今回の旅、広島の大和ミュージアムに行く予定でしたが私の仕事の都合上変更した運びとなりました。

港では遊覧船が出ておりましたので、港内をそれで見て回りました。
護衛艦各種が停泊していたのでなかなか見応えのあるものでした。
あまり詳しくはないのですけれどね。
でもこういう艦船を見るとカッコイイと感じてしまうのは性分でしょうか。
ひゅうが_01

ひゅうが_02
「ひゅうが」が停泊していました。
横須賀からの転籍になって、こちらの港が母港になったとのお話でした。
そしてこの「ひゅうが」よりも「いずも」はもっと大きいというのだから、ちょっと見てみたい気がします。

遊覧を楽しんだ後、赤レンガパークを軽めに散策し、少し離れた位置にある東郷邸へと足を伸ばしました。
普段は東郷邸の公開日は違うらしいのですが、GWということもあってか、運よく公開日に居合わせることが出来ました。
東郷邸はなかなかオシャレな感じで、和室・洋室とそれぞれ雰囲気がガラッと違うお部屋がありました。
道路からも離れた位置にある為、なかなか静かな感じのところでした。
落ち着けます。

東郷邸からの流れで海軍記念館へと行きました。
資料が色々展示してあって楽しめました。
が、ここ二日、見るものが多すぎて見たものから忘れていっている気がしてなりません(笑
記憶力の低さよw
逆に全部覚えられるほどの記憶力があれば天才かw

海軍記念館を見てから赤レンガパークに戻ってきて軽めの食事をして赤レンガ博物館を拝見してきました。
レンガに関する様々な資料が展示してありました。
レンガの色の濃さ(赤色)は焼度によって変わるらしいです。

なんだかんだですでに夕方になってきたので、帰りがてら京都中心部へと移動を開始しました。
舞鶴から京都の市街地までこれまた結構な移動量があるものですね。

京都の中心のどこかで晩御飯を食べようという話になり京都駅のあたりまで行きました。
近くのコインパーキングに車を止めて歩いていると友達が「あのラーメン屋に行きたい!」と。

第一旭というラーメン屋さんでした。
私はまったく無知だったわけですが、友達いわく会社の先輩から一度は行っておくといいよと勧められたらしいです。
既に行列が出来ていましたが、迷うことなくその行列に飛び込みました。
普段の私なら行列に並ぶよりも空いているお店を選びますが、私も興味を覚えて並ぶことにしました。
1時間くらい並んでいました。とても贅沢な時間の使い方をした気分です。
第一旭

待ち時間の中思ったこと。
私の前に並んでいた台湾人?中国人?カップルの可愛い二人。
ずっとイチャついておりまして、なんか微笑ましくてにやけそうになりました。
彼女を退屈させまいとする彼氏の努力。
なんていうか、幸せそうだな。すでにご馳走様状態な私でした。

さて本題のラーメンですが、特製ラーメンを頼みました。
まずはスープを一口。これは美味しい!!
並んだ甲斐があったかもしれない。麺の感じも好みだし。
なるほどね、うん。美味しいわ。美味しいしか言えないけれど美味しいわ。

しかし私はラーメンよりも気になったことがあります。
ここのお店でフロアを回していた男性の店員の方。
ものすっごく頭の回転早くないか??すっごい仕事出来る感があったのだけれど!
何物!?
店の外で並んで待っているときに、時々お店から顔を出して注文を聞いている店員さんがいるなーとしか思ってなかったけれども。
お店の中で座って見ていると、その男性店員さんが一人であれやこれやフロア作業をやっているわけで。
凄すぎか。
ちょっとその人の人生に興味があります。私。

その日の夜、第一旭についてのツイートを軽くチェックしていたらお店の外に並んでいる行列の様子を写した写真がどこかの野球部員さんの手によりアップされていました。私の後姿も若干映り込んでいて笑えました。
このツイートはあの集団の中の誰かだなーってのは分かりましたw


京都タワー
ご飯が終わったので京都駅周辺をぶらぶらしてから宿泊施設にチェックイン。
本当はこの日は泊まる予定はなかったのだけれども、さすがに友人も疲れを隠しきれていなかったので、休もうぜ!!ってことにしました。
早朝チェックアウトして帰路に付きました。

帰路の途中、やはり私の体調は若干の不調を訴え始めお腹を下しておりました。
どうにもこのお腹だけはいつもネックです。
何をやってもお腹だけは良くならないんだよなー。

しかし無事に帰宅で来まして、今回の旅はこれにて終了ということで。
色々と見て感じることが出来て楽しい旅でした。
お疲れ様でした☆




  



スポンサーサイト

category: 日記とか雑記とか

thread: 日記 - janre: 日記

tag: 日記  旅行   
tb: 0   cm: 0

Tシャツサイトリンク

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ヴィジュアルヌード・ポーズ

ハイパーアングルポーズ集

プロフェッショナル・ヌードフォト