セクシーなイラスト、シュールなイラスト、トライバルイラストのSenichi Artworks

イラスト描いたり、デザインしたり、なんか遊んだり。

risa_spring_banner risa_summerstamp_banner risa_autumnstamp_banner risa_winter_banner  

シュールな女性のイラスト・セクシーな女性のイラストを制作致します☆ トライバルデザイン・模様デザイン制作  

WacomのIntuosとCintiqのドライバの競合?  

Cintiq Companion Hybridを購入してから1週間が経ちました。
この1週間はほぼタブレット端末として単独使用していましたが、そろそろパソコンに繋げて液タブとしての操作にも慣れていこうかなと思い、昨夜パソコンに接続しました。
パソコンに接続するのはこれが3度目となりますw
一回目:初回接続、ドライバインストール時。
二回目:タブレット内のデータの吸出し。
三回目:昨晩。

この一週間、どれだけタブレット端末として楽しんでいたかが、この接続回数の少なさからもお分かりいただけたことでしょう。


さて、普段のパソコンでの作業ではintuos5を使っていた私。
液タブのドライバインストール時も、特に気にせずそこに乗っかる形で入れました。

ウェブサイト巡回中にとあるブログでお見受けした一文が頭に残っていました。
「液タブと板タブのドライバが競合してうまく使えないから、インストールし直した~」とかなんとか。
その方は結局液タブのみを使用することにしたみたいなのですが、私としては併用したいところです。
(同時に接続して使えなくてもいいので、片方ずつ使えたらいいです。併用という言葉に語弊が…?)
ドライバインストール後、液タブもペンタブも競合することなく”その時は”問題なく使えていたので、「大丈夫だ、問題ない」状態でした。
(もしかするとintuos5のケーブルは抜いていたかも。なので必然的に競合は起きなかった?)

そして購入から一週間後の昨夜ですよ。
液タブを接続した状態でイラレを立ち上げて操作しようとしたところ、液タブの上をペンで操作すると、メインモニタでカーソルが反応してしまい、液タブ上では何も動いてくれていない。
もちろんディスプレイの設定では「複数のディスプレイ:表示画面を拡張する」になっています。
この感じ、液タブなのにペンタブと同じになってしまっているわけです。

ここで端末の接続状況を確認します。
intuos5:接続中
Cintiq:接続中

intuos5でペンを動かすとマッピングがズレておかしくっている?あれ??
Cintiqはマッピングの位置は合っていますが、板タブ状態です。

ではintuos5のケーブルを抜いてみましょう。
intuos5:切断中
Cintiq:接続中

Cintiqはペンタブ状態として接続継続中。
ではCintiqを切断してintuos5を再接続してみます。

intuos5:接続中
Cintiq:切断中

intuos5のマッピングがバカになりました。
タブレットの中央あたりにペンを持ってくると、メインモニタの最下部にカーソルが到達しています。

私的結論:CintiqとIntuosの併用をするとマッピングがズレるのでしないほうが良い。
※ただしお使いの条件下で可能ならばこの限りではない。
というところでしょうか。

ちょっと一息。
パソコンを再起動します。

電源を落としてintuos5を接続して立ち上げます。
intuos5:接続中
Cintiq:切断中
intuos5のマッピングは正常通りです。

それではもう一度電源を落として、次はCintiqを接続して立ち上げます。
intuos5:切断中
Cintiq:接続中
…。ペンタブ状態ですね。。。
これでは使えません。

結局ドライバを再インストールすることにしました。
Cintiqのドライバを再インストールして設定後、intuos5をつなげたら、そのまま上手く認識してくれて、どちらも正常通り動いている感じでした。
これで併用できる!!!
やっと解決した!!!
満足げに就寝することが出来ました。



そして今日。
intuosで作業後、Cintiqを使おうとして接続したら…。残念、ペンタブ状態。

もうintuosの接続はあきらめて液タブ一本で行くべきなのか…。
それとも液タブはもうAndroid端末としてのみ使ってintuos主流で行くのか…。

いや、なんとかしたい。何のために買ったのか!!(コタツで作業するためです)

しばらくあっちこっち設定を見渡していて気が付きました。

タブレットのプロパティ:位置調整
これ。
デバイスをCintiqにしている状態で出てくる「位置調整」のタブ。
この中のモニタの設定がプルダウンメニューになっているのですが、液タブがペンタブ状態になっているときはメインモニタの名称が入っていました!
ここの選択をCintiqに変えてあげると、ちゃんと液タブとして機能するようになりました!!
どうやらこれが犯人だったようです。

何故メインモニタの名称になってしまうのか。
どういうタイミングで切り替わってしまうかはまだよくわかりません。

しかしここを変えれば良いということが分かっただけでも大きな収穫でした。
ほぼ問題解決です。

ここでさらにもう1つ試してみましょう。
この状態でintuosを再接続します。

Cintiqは正常に動作していますがintuosのマッピングはやはり大きくズレています。
2台同時接続は難しいようです。
机の上の置き場所にも困るので、どの道片方ずつでしか使用しないのでいいのですけれどね。




ふぅ~、お疲れ様、私。








スポンサーサイト

category: ハウツー・レビューなど

tag: Wacom  intuos  Cintiq  ドライバ  競合  併用 
tb: 0   cm: 0

Tシャツサイトリンク

プロフィール

アクセスカウンター

最新記事

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ヴィジュアルヌード・ポーズ

ハイパーアングルポーズ集

プロフェッショナル・ヌードフォト